グーグルアナリティクスの注目すべき数値とは?

Google Analyticsを使うと、
以下に示すのデータの過去1カ月の数値と
1日ごとの数値のグラフを見ることができます。

 

ホームページ作成

 

 

グーグルアナリティクスにログインして、
「すべてのウェブサイトのデータ」をクリックすると、
最初の画面で全体のアクセス状況を見ることができます。

 

全体というのは、
検索エンジンやお気に入りやメール、
他のサイトに貼られたリンクなどからクリックされた
すべてのアクセスという意味です。

グーグルアナリティクスに出てくる数値

それぞれの数値の意味は下記の通りです。

 

セッション

 

一定期間内に、
あなたのサイトに訪問された回数のことを言います。

 

ユーザー

 

一定期間内に、
あなたのサイトに訪問された回数のうち、
重複しているユーザーを除いている回数のことを言います。

 

ページビュー数

 

あなたのサイトへの訪問者が
参照したページ数の合計になります。

 

検索エンジンロボットの巡回の回数も含まれるので、
多めに出るようです。

 

ページ/セッション

 

ページビュー数/セッションで計算される数値です。

 

この数値が大きい場合は、
訪問者がたくさんのコンテンツを見ていることになります。

 

直帰率

 

あなたのサイトへ訪問した後、
何もクリックしないで他のページへ移動した回数の割合になります。

 

この数値が大きい場合は、
訪問者があなたのサイトが何のサイトかわからなかったり、
サイトタイトルや紹介文と、
サイトの内容が合っていない可能性がありますので、
内容を見直した方がいいでしょう。

 

新規セッション率

 

新規ユーザーと、
リピーターの割合がこの数値で確認できます。

 

リピーターが多いほど、
魅力のあるサイトということになり、
成約率も高くなるということになります。

 

平均セッション時間

 

あなたのサイトへどれだけ長く滞在したかという指標になります。

 

時間が長いほど、
あなたのサイトの内容が読まれているということになります。

 


どの数値を参考にするか?

グーグルアナリティクスを初心者が見ても
どの数値を参考にしたらいいかわからないと思います。

 

確かに、数字がたくさんありすぎて
どれを参考にしたらいいか迷いますよね。

 

初心者が最初に参考にするのは、
ページビュー数のみでいいと思います。

 

ページビューは、
あなた書いた記事が読まれた数です。

 

純粋なアクセス数といってもいいでしょう。

 

検索エンジンロボットの巡回の回数が含まれて
多めに出ることもありますが、
アクセスが少ないうちはなんとなくわかります。

 

最初はページビュー数を増やすべく
ページ数を増やしていきましょう。

 

平均セッション時間に注目する

 

平均セッション時間とは、
あなたのページにどれだけ長く滞在したか
という数値になります。

 

この数値が、3分とか5分とか、
長くなるほどあなたの記事が読まれている
ということです。

 

平均セッション時間が長いほど
今後検索順位が上昇する可能性が高くなります。

 

逆に、10秒を切るような場合、
読者が求めていた情報はない
と判断されている確率が高いです。

 

なので、タイトルと記事の内容が合っているかどうか
見直す必要がでてきます。

 

また、5000文字も書いた記事でも
1分程度しか読まれていない場合は
あなたの記事に飽きてしまっていることもあります。

 

平均セッション時間の数値に注目して、
記事の見直しをすれば
アクセスアップのヒントになるでしょう。

 

ページ/セッションに注目する

 

あなたのサイトに訪問した読者が、
他のページにも移動することで
アクセス数も上がり
サイトの価値が上がります。

 

ページ/セッションの数値が大きいほど、
サイトのリンクを介して
他のページも見ているということです。

 

この数値が少ないということは、
適切な場所にリンクが貼れていないのかもしれません。

 

例えば、記事の中の適切な場所に、
関連した他のページのリンクを貼れば
読者は興味を持ってそのリンクを通して
他のページも見てくれるかもしれません。

 

ページ数が増えてきてアクセスが増えたら、
ページ/セッションを意識して
関連ページのリンクを貼れば、
ページビューが増えます。

スポンサーリンク


page top