デバイス、ブラウザ別のアクセス状況を把握する

デバイス、ブラウザ別のアクセス状況を把握する

グーグルアナリティクスでは、
全体のアクセス状況だけでなく、
デバイス別、ブラウザ別のアクセス状況も見ることができます。

 

  • どんな機器からのアクセスがあるか
  • どんなOS、ブラウザからのアクセスがあるか

を知ることでサイト作成の改善に役立ちます。

 

 

最近は、スマートフォンからのアクセスが多いため、
スマホ対策していないページは見にくくなり
離脱されやすくなります。

 

グーグルアナリティクスを利用することで、
どのページを修正するかの判断になります。

 

ブラウザ別のアクセス状況を見るには

ブラウザ別のアクセス状況を見るには、
サイドメニューの「ユーザーの環境」-「ブラウザとOS」
をクリックします。

 

ホームページ作成

 

すると、各ブラウザ別のセッションや直帰率などが表示されます。

 

ホームページ作成

 

例えば、ここで「Chrome」をクリックした場合、
グーグルクロームからのアクセスの折れ線グラフを見ることができます。

 

ホームページ作成

 


デバイス別のアクセス状況を見るには

デバイス別のアクセス状況を見るには、
サイドメニューの「モバイル」-「サマリー」をクリックします。

 

ホームページ作成

 

すると、デスクトップ、モバイル、タブレットの
セッションや直帰率などが表示されます。

 

ホームページ作成

 

画面の右上のボタンをクリックすると、
棒グラフや折れ線グラフが表示されます。

 

グラフにした方がわかりやすいですね。

 

ホームページ作成

 

各項目にチェックをいれて、
「グラフに表示」をクリックすると
折れ線グラフの中に各項目別の折れ線グラフが表示されます。

 

ホームページ作成

 

このように、デバイス別、ブラウザ別の
アクセス状況を確認することによって、
スマホ画面が見にくくなっていないか、
ブラウザによって画面に違いが出ていないか

などをアクセスの少ない部分の原因を探ることがことができます。

スポンサーリンク


page top