どこからのアクセスが多いかを確認する

どこからのアクセスが多いかを確認する

グーグルアナリティクスでは、
どこからのアクセスが多いのかという、
アクセス先ごとの状況も見ることができます。

 

アクセス先には大きく分けて、
検索エンジンからのアクセスとなる「organic」、
外部のサイトに貼られたリンクからのアクセスとなる「refferal」、
お気に入りやメールに貼られたリンクなどからのアクセスとなる「direct」があります。

 

 

「direct」はアクセス先が特定できないため、
グーグルアナリティクスでは「(direct)/(none)」と表記されます。

アクセス先ごとの状況を見るには

ブラウザ別のアクセス状況を見るには、
サイドメニューの「集客」-「チャネル」をクリックします。

 

ホームページ作成

 

すると、参照元別のセッションや直帰率などが表示されます。

 

 ホームページ作成

さらに具体的なアクセス先を知りたいときは

さらに具体的なアクセス先を知りたいときは、
サイドメニューの「集客」-「参照元/メディア」をクリックします。

 

ホームページ作成

 

すると、「refferal」の場合はアクセス先のURL、
「organic」の場合は検索エンジンからのアクセスの状況が表示されます。

 

ホームページ作成

 

これらの中で、身に覚えのない、怪しいURLを見つけたときは、
スパムサイトの可能性が高いので注意が必要です。

 

 

正確な分析ができなくなるので、
フィルタをかけてやる必要があります。

 


まとめ

このように、アクセス先ごとの分析をすることによって、
どこからの訪問者があなたのホームページをよく見ているのかがわかるので、
いろいろ対策を考えることができます。

 

例えば、検索エンジンからのアクセスで滞在時間が短い場合は、
サイトが見にくかったり、
サイトタイトルと内容が一致していないことが原因として考えられます。

 

アクセス先ごとの分析をすることによって、
サイト改善のヒントになります。

スポンサーリンク


page top