ホームページの基礎知識

ホームページの基礎知識

ホームページ作成

ここ紹介するのは、
ホームページを作る上での基礎となる知識です。

 

 

ホームページを自分でつくるメリット

 

ビジネスをする上で、
ホームページを自分(自社)で作れると
コストや時間的に大きなメリットになります。

 

ホームページ作成業者に依頼した場合の手間や費用を考えると、
自分で作った方が有利です。

 

ホームページに使用されるファイル

 

ここでは、ホームページに使用されているファイルについて、
紹介します。

 

 

ホームページを作成する時に編集するのは、
ほとんどがHTMLファイルとCSSファイルです。

 

HTMLファイルの編集方法

 

HTMLファイルの編集は、
「メモ帳」を使ってもいいのですが、
無料で高機能のテキストエディタを使えば、
間違えも少なくなって効率があがります。

 

HTMLファイルを編集する際に、
そのままアイコンをダブルクリックするとブラウザで立ち上がってしまうので、
注意が必要になります。

 

レスポンシブWebデザインとは

 

レスポンシブWebデザインとは、
1つのHTMLソースでPC用、タブレット用、スマホ用と
あらゆる画面幅のデバイスに対応できるデザインのことです。

 

CSSファイルを使って、
それぞれの画面についてのデザインをしていきます。


ホームページの基礎知識記事一覧

ホームページを自分で作れると、インターネットビジネスをする上で大きなメリットがあります。仮に、業者に任せるとしても基礎的な知識くらいは知っていないと、作って終わりのホームページでは集客もできなくて、業者に払った費用が無駄になりかねません。自分作ったホームページならすぐに修正できますが、業者に任せたら時間やコストがかかります。ここでは、自分でホームページを作るメリットについてまとめてみました。

ホームページに使用されるファイルは、どんなものがあるでしょうか?ホームページの元になっているファイルは、HTML(HyperText Markup Language}と呼ばれるファイルとCSS(Cascading Style Sheets)と呼ばれるファイルでできています。HTMLファイルの中身は下のようにタグと呼ばれる<>で囲まれた文字がたくさん並んでいるファイルになります。上の文字の中で、日本...

最短「ホームページテンプレート」のようなHTMLタグで書かれたファイルを編集していくときには、テキストエディタを使用して編集します。テキストエディタとは、WINDOWSに標準搭載している「メモ帳」のような文字情報のみのファイルを編集するためのソフトです。通常は.txtというテキストファイルの形式で保存されますが、ホームページを作るための.htmlファイルたCSSファイルの形式や、プログラム言語.c...

レスポンシブWebデザインとは、PC、スマホ、タブレット用の画面幅に合わせて、表示が最適になるように変化するサイトデザインのことです。PC用サイトとスマホ用サイト両方を準備しなくても自動的に画面サイズに合わせてくれるので作るのが楽になります。PC用とスマホ用のサイトを2つ作る場合と、それぞれメリット、デメリットがあります。

スポンサーリンク


page top