レスポンシブWebデザインのメリットデメリット

レスポンシブWebデザインのメリットデメリット

レスポンシブWebデザインとは、
PC、スマホ、タブレット用の画面幅に合わせて、
表示が最適になるように変化するサイトデザインのことです。

 

 

PC用サイトとスマホ用サイト両方を準備しなくても
自動的に画面サイズに合わせてくれるので
作るのが楽になります。

 

ホームページ作成

 

PC用とスマホ用のサイトを2つ作る場合と、
それぞれメリット、デメリットがあります。

レスポンシブWebデザインのメリット、デメリット

メリット

 

サイト作成は、1つだけでいい。

 

1つのサイトで作る分の手間が省けるというメリットがあります。

 

検索ロボットが巡回しやすい。

 

レスポンシブのサイトは、
基本的にソースが1つなので
検索ロボットが巡回しやすくなります。

 

 

モバイルフレンドリーと判定されて、検索エンジンに好かれる…かも。

 

レスポンシブWebデザインにすると、
Googleからモバイルフレンドリーと判定されます。

 

それが、検索順位にどれだけ影響するかというと、
今のところわかりません。

 

ウェブマスターツールなどで、
アクセス解析をしていると、
「あなたのサイトはモバイルフレンドリーではありません。」
といった注意が来るので、少し気になりますね。

 

モバイルフレンドリーかどうか判定するサイト

 

デメリット

 

スマホ画面の時に、表示が遅くなる可能性がある。

 

例えば、スマホ画面の時だけ画像を消す、
という処理をしても、
表示はしないけど画像は読み込まれるので、
表示が遅くなることがあります。

スマホ用、PC用を別サイトのメリット、デメリット

メリット

 

スマホ専用サイトはスマホで見やすい画面や文章にすることができる。

 

スマホ専用サイトは、
スマホユーザー向けに作るので、
ユーザビリティが良くなり売上もよいという話を聞きます。

 

デメリット

 

2つのサイトを作らなくてはならない。

 

PC専用サイトとスマホ専用サイト別々に作ると、
作成する手間が増えます。

 

 

検索順位が下がる可能性が下がる可能性がある。

 

別々のサイトを作った場合、
検索エンジンからコピーのサイトであると判断されて、
検索順位が下がる可能性があります。

 

なので、別々のサイトを作る場合は
スマホサイトは検索エンジンにヒットさせない
という対策が必要になってきます。

 

それぞれメリット、デメリットありますが、
個人的には、レスポンシブWebデザインの方がやりやすいし、
メリットも大きいと思っています。

 

2015年4月21日より、
Googleがモバイルフレンドリーのサイトかどうかの判別を
アルゴリズムに追加すると発表しました。

 

レスポンシブサイトでないと、
検索順位が下がるかどうかは、
今後注目していきたいところです。

レスポンシブWebデザインかどうかの確認方法

レスポンシブWebデザインのサイトかどうか確認する方法は、
ブラウザのウィンドウの幅を狭くしてやるとわかります。

 

ホームページ作成

 

特に対応していない場合は、
画面が切れると横スクロールバーが現れます。

 

 

対応されている場合は、
画面を狭くすると、
表示が最適になるように切り替わっていきます。

スポンサーリンク


page top