お問い合わせフォームを設置

お問い合わせフォームを設置する その1

ホームページに
お問い合わせフォームを設置することが
よくあると思います。

 

サイトの訪問者からのメールが欲しい場合に、
ホームページ上にメールアドレスを掲載してしまったり、
またhtmlファイルの中にメールアドレスを書き込んでしまうと、
迷惑メールがたくさん届いてしまったりする可能性があります。

 

 

お問い合わせフォームを設置を設置すると、
これらのようなリスクがなく、
訪問者からのメールを受け取ることができます。

 

しかし、お問い合わせフォームを自作するには、
PHPやPerlなどのプログラミング言語の習得が必要になるため、
インターネット上で配布されているお問い合わせフォームのパーツを利用するのが、
現実的といえます。

 

しかし、最短「ホームページテンプレート」を購入すれば、
お問い合わせフォームのパーツも提供してくれます。

 

ここでは、最短「ホームページテンプレート」を使った
お問い合わせフォームの設置方法についてまとめてみました。

最短「ホームページテンプレート」のお問い合わせフォーム

最短「ホームページテンプレート」を購入すると、
お問い合わせフォームのパーツが付属しています。

 

最短「ホームページテンプレート」のお問合せフォームは、
変更する箇所も少なく、
パーツを貼り付けるだけで設置できるので、
とても簡単です。

 

お問い合わせフォームの設置方法

 

最短「ホームページテンプレート」を購入すると、
ダウンロードしたファイルのフォルダに
「お問い合わせフォーム」というフォルダがあります。

 

「お問い合わせフォーム」のフォルダの中には、
下のようにform.php、form2.php、form3.php、お問い合わせフォーム.html
という4つのファイルが入っています。

 

その中の.phpという3つのファイルが
プログラミング言語で書かれたファイルになります。

 

ホームページ作成

 

まず、お問い合わせフォーム.htmlをダブルクリックしてブラウザで開くと、
下のようにお問い合わせフォームの表示サンプルが表示されます。

 

赤枠の中には、そのサンプルを使う場合の.
phpファイルのファイル名が書いてありますので、
それに対応するファイルを使うようにします。

 

青枠の中には、
お問い合わせフォームのHTMLタグが書いてあるので、
そのままコピーして使います。

 

ホームページ作成

 

例えば、1番目の氏名、メールアドレス、
お問い合わせ内容のフォームを掲載する方法です。

 

まず、「お問い合わせフォーム.html」をブラウザで開いて、
一番上のタグを全て選択して、タグの上にマウスを当てて、
右クリックして、「コピー」をクリックします。

 

ホームページ作成

 

次に、お問い合わせフォームを貼り付けたい場所を、
マウスをクリックしてから、右クリックして、
「貼り付け」をクリックして、タグを貼り付けます。

 

ホームページ作成

 

ブラウザで見ると、
このようにお問い合わせフォームの原型を貼り付けることができました。

 

ホームページ作成

 


 

次に、form.phpをテキストエディタで開きます。

 

プログラムの下の方に「$to = "****";」という行があります。

 

この「****」の部分は、
テンプレートの販売者のメールアドレスが書いてあるので、
この部分を自分のメールアドレスに書き換えて、保存します。

 

これで、作成は完了です。

 

ホームページ作成

 

作成ができたら、
HTMLファイルと修正したform.phpのファイルを
サーバーへアップロードします。

 

アップロードが終わったら、
ホームページにアクセスして、
自分宛にお問い合わせフォームを送信してみます。

 

ホームページ作成

 

しばらくして、
下のようなメールが自分宛に届いていれば、
動作OKです。

 

ホームページ作成

 

誤って、送信されてしまうことを防ぐために
動作確認はアップロード直後に必ず行ってください。

スポンサーリンク


page top