ホームページのデザイン

ホームページのデザインについて

ホームページは、
デザインが悪いと読者が逃げてしまいます。

 

しかし、あまりこだわり過ぎても
デザインばかりに目がいってしまいます。

 

 

ホームページのデザインはシンプルが一番

 

ホームページのデザインは、
以下のようなことに注意すると、
イメージのいいホームページになります。

背景色は白を基調にする

黒字に白の背景は訪問者にとって一番見やすい色になるので、
ホームページの背景色は白にするのがいいです。

 

さらに、重要な言葉の時に使用する赤字も、
背景が白だと目立つようになります。

 

また、背景色を白にすることによって、
ホームページが清潔なイメージになるので、
背景色を白にすることはおすすめです。

 

文字装飾は濃いめの色

 

文字をいろんな色に装飾するときは、
濃いめの色を選ぶのがおすすめです。

 

なぜなら、白バックにすると、
目立つ色の装飾は一緒に光ってしまい
見難くなるからです。

 

例えば、緑に装飾するなら、
深緑に装飾した方が見やすいです。

 

青色はリンクをイメージさせるので
リンク以外は使わない方が無難です。

 

このように、読者にストレスを与えないように
配色を考えることも大切です。

 


ホームページのテーマカラーを決める

ホームページを作るときには、
ホームページのテーマカラーを決めることが大切です。

 

ヘッダー画像や記事タイトルの背景などの色は、
すべて同じ系統の色使いにすることで、
サイト全体が落ち着いた感じになり
コンテンツを見ることに集中できるからです。

 

テーマカラーは、ホームページのテーマを
イメージさせるような色にするのがおすすめです。

 

例えば、水色は「涼しさ」とか「水」をイメージしますし、
オレンジ色は「暖かさ」や「秋」をイメージします。

 

黒色は、「夜のお店」などに使うのはいいですが、
「悪徳業者」など悪いイメージを抱くことがあるので、
通常は黒にしない方が無難です。

 

色によって読者の印象も変わってきます。

 

あまりカラフルになりすぎない

 

カラフルなホームページにすると、
訪問者の目が疲れてしまったり、
目移りして内容に注目してもらいにくくなったりしますので、
シンプルなデザインにした方が好まれます。

 

このようにホームページは、
デザイナーが作るようなかっこいいデザインにする必要は全くなく、
シンプルで使いやすいデザインにする方が好まれます。

スポンサーリンク


page top