Jtrimで色解像度の変更をする

Jtrimで色解像度の変更をする

Jtrimで色解像度の変更をします。

 

色解像度とは、
画像に使われている色の数のことです。

 

色解像度を変更することによって
写真を絵のように表現したり、
白黒で表現したりすることができます。

 

 

まず、「カラー」-「使用色数計算」で
この画像の色数を確認します。

 

この画像は「54355色」使われています。

 

ホームページ作成

 

次に、「カラー」-「色解像度変更」
をクリックします。

 

ホームページ作成

 

256色、16色、2色を選択します。

 

しきい値法(何も書かれていない方)か
誤差拡散法で変換できます。

 

誤差拡散法にすると、
より元の画像に近い変換になります

 

ホームページ作成

 

2色のしきい値法の場合は
しきい値を128にした2階層化と同じ画像です。

 

ホームページ作成

 

2色の誤差拡散法の場合は
新聞の写真のような画像になります。

 

誤差拡散法とは、
1つ隣のピクセルの誤差を次のピクセルの数値に加えて計算する方法なので、
2色でもきれいなモノクロ写真に見えるのが特徴です。

 

ホームページ作成

 

これが16色のしきい値法の画像になります。

 

ホームページ作成

 

これが16色の誤差拡散法の画像になります。

 

誤差拡散法の場合は
暗い部分が強調されて見にくくなっていますね。

 

ホームページ作成

 

これが256色のしきい値法の画像になります。

 

 

元画像とあまり変わらなくなります。

 

ホームページ作成

 

これが256色の誤差拡散法の画像になります。

 

 

256色になると両者の差はあまり変わらないですね。

 

ホームページ作成

 

なお、色数を減らした画像は、
一度保存すると24ビットの色で保存されるため、
立ち上げなおすと色数が増えます。

 

 

色数を減らしても
画像ファイルのサイズは小さくならないようです。

Jtrimの基本動作

編集
文字入れ 合成 連結
塗りつぶし 合成貼り付け

 

イメージ
リサイズ 切り抜き 回転
ミラー フリップ シフト
余白作成 影をつける テクスチャ
画面キャプチャ ノイズ除去 濃度抽出

 

カラー

グレースケール変換 セピア色変換 ネガポジ反転
ヒストグラム 明るさコントラスト RGBの度合い
ポスタライズ ソラリゼーション ガンマ補正
HSVカラー補正 2階調化 RGB交換
XORカラー変換 グラデーション シャドウハイライト明るさ
赤目補正 色解像度の変更

 

加工

ソフトにする ソフトレンズ シャープにする
エンボス エッジの強調 エッジを抽出
ガウスぼかし ぶれ 立体枠をつける
拡散 ノイズ付加 ウェーブ
モザイク ブロック フェードアウト
ガラス処理 鉛筆画 オイルペイント
渦巻き パンチ つまむ
スポットライト ブラインド 超新星
シルクスクリーン 波紋 新聞写真風

 

スポンサーリンク


page top