写真同士を合成する

写真同士を合成する

ボタン画像のように、
比較的色数の少ない画像同士を合成するのは簡単ですが、
写真のようにたくさんの色でできている画像同士を合成するには、
いろいろ準備が必要になります。

 

なぜなら、Jtrimを使う合成方法は、
明るい色や暗い色を優先する方法です。

 

 

そのため、たくさんの色で構成された画像同士を
そのまま合成すると、
まだらに合成されてしまうからです。

 

写真同士を合成するためには、

 

背景を白く塗りつぶした画像と、
背景を黒、被写体を白くした画像

 

2枚の画像を準備して保存しておく必要があります。

 

なので、塗りつぶしを駆使して
被写体の周りの画像を
白に塗りつぶしていく
という作業が発生します。

 

例として、下のように風景写真の中に猫の写真を合成します。

 

ホームページ作成

 

まず、写真の中の猫の部分だけを切り抜きます。

 

ホームページ作成

 

そして、背景を白で塗りつぶしていきます。

 

被写体と全く関係ない部分は、
ドラック&ドロップで選択して、
許容範囲100%で塗りつぶします。

 

ホームページ作成

 

被写体の周辺は、
許容範囲を10~20%にして塗りつぶします。

 

ホームページ作成

 

被写体が塗り潰された場合は、
メニューの「編集」-「元に戻す」をクリックすると、
元の状態に戻るので、
許容範囲を下げて再び塗りつぶします。

 

ホームページ作成

 

ある程度塗り潰したら、
メニューの「表示」-「ズーム」で拡大して、
残った部分を選択して、
許容範囲100%で塗りつぶします。

 

ホームページ作成

 

これが、背景を白で塗りつぶした画像です。

 

この画像を保存しておきます。

 

ホームページ作成

 

次に、背景の白を透過色にします。

 

「透過色設定」のアイコン(赤枠)をクリックしてから、
背景の部分をクリックします。

 

ホームページ作成

 

そして、被写体を白黒に4塗りつぶした画像を作るため、
2階調化」の機能を使います。

 

メニューの「カラー」-「2階調化」をクリックします。

 

ホームページ作成

 

「境界のしきい値」を調節して、
被写体をすべて黒に、
背景色をすべて白になるように調整します。

 

だいたい251か252にします。

 

ホームページ作成

 

そして、背景を黒、被写体を白にするため
ネガポジ反転」の機能を使います。

 

メニューの「カラー」-「ネガポジ反転」をクリックします。

 

ホームページ作成

 

「ネガポジ反転」して、
背景が黒になった画像を保存しておきます。

 

ここで、画面の右下のところに
画像のサイズが表示されるのでメモしておきます。

 

ホームページ作成

 

そして、風景写真を立ち上げて、
画像を貼り付ける場所を選択します。

 

 

画面の右下の画像サイズ表示の左側に選択範囲のサイズが出るので、
先ほどメモした被写体の画像サイズと
同じサイズになるように選択します。

 

ホームページ作成

 

被写体を白黒に色分けしたら、
いよいよ合成していきます。

 

メニューの「編集」-「合成」をクリックして、
「…」のボタンをクリックします。

 

「背景が黒」の画像を選択して
「OK」をクリックします。

 

ホームページ作成

 

「明るい画素優先」にチェックを入れて、
「OK」をクリックします。

 

ホームページ作成

 

すると、被写体が真っ白になった画像が貼り付けられました。

 

ホームページ作成

 

もう一度、
メニューの「編集」-「合成」をクリックして、
「…」のボタンをクリックします。

 

今度は「背景が白」の画像を選択して
「OK」をクリックします。

 

ホームページ作成

 

そして、「暗い画素優先」にチェックを入れて、
「OK」をクリックします。

 

ホームページ作成

 

これで画像の合成が完了です。

 

ホームページ作成

 

出来上がった画像は、
こんな感じです。

 

ホームページ作成

 

同じ作業で風景画像の中に、
漫画のキャラクタの画像を合成することもできます。

 

チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク


page top