アクセスを増やす

アクセス数を増やす

ホームページ作成

ホームページのアクセス数を増やすためには、
検索エンジンで上位表示させるのが不可欠になります。

 

検索エンジンで上位表示させるためには、
検索エンジン最適化(SEO対策)をする必要があります。

 

 

以下に挙げる項目を、
一つ一つチェックしていくことによって、
検索エンジンの評価が上がり、
上位表示が可能になります。

 

 

サイトタイトル、紹介文、キーワードを決める

 

ホームページの作成にもっとも重要なのが、
サイトタイトルです。

 

サイトタイトルの中に、
上位表示させたいキーワードが入っていないと、
思ったキーワードで上位表示できなくなるからです。

 

また、読者にクリックしてもらうには、
読者の興味を引くようなタイトルや紹介文であることが大切です。

 

上位表示させたいキーワードを入れつつ、
読者の興味をひくタイトル、紹介文にするのが
サイトタイトルや紹介文を作るのコツです。

 

サイトタイトル、キーワードは、
アクセスを集めるための肝になるので、
慎重に選びましょう。

 

内部リンクの構成

 

ホームページの階層が深くなると検索エンジンが巡回しにくくなるし、
訪問したユーザーの使い勝手も悪くなるのでアクセスに影響します。

 

見出し、強調タグの使い方

 

見出しや強調タグに書かれたキーワードは、
検索エンジンが特に重視するキーワードです。

 

上位表示させたいキーワードを
見出しや強調タグにすることで、
上位表示されやすくなります。

 

 

SEO対策というと、なんだか難しいイメージがありますが、
検索エンジンにもユーザーにもわかりやすく
使いやすいホームページを作ることが
一番のSEO対策かなと思います。


アクセスを増やす記事一覧

ホームページのテーマ、キーワードが決まったら、サイトタイトル、紹介文を決めます。タイトルや紹介文はアクセスを集めるためにとても重要な役割になります。読者はあなたの書いたタイトルや紹介文を見て記事を読むのか読まないのかを瞬時に判断します。そこで、読者の興味をそそらないとなかなかクリックして読んでくれません。この記事では、アクセスを集めるためのタイトル、紹介文の決め方についてまとめてみました。

ホームページを作るとき、内部リンクの構成を考えることはとても重要です。訪れた読者が、他のページも見たい!と思わせられるような構造にした方がアクセスが集まるからです。読者が別のページも見ることで、ページビュー増えて、サイト全体の価値が上がります。そのためにも、内部リンク(サイト内のリンク)構造は、なるべく階層構造を少なくした方が、ユーザーの使い勝手がいいし、検索エンジンの巡回がスムーズになります。な...

見出し(h1~h6)や強調(strong)タグ(太字)は、検索エンジンから重視されています。上位表示させたいキーワードを強調したり、見出しに入れることで、そのキーワードで上位表示されやすくなります。しかし、使い方を誤ると、強調した効果が無くなることもあります。ここでは、見出しや強調タグの使い方についてまとめてみました。

スポンサーリンク


page top