見出し、強調タグの使い方

見出し、強調タグの使い方

見出し(h1~h6)や強調(strong)タグ(太字)は、
検索エンジンから重視されています。

 

上位表示させたいキーワードを強調したり、
見出しに入れることで、
そのキーワードで上位表示されやすくなります。

 

 

しかし、使い方を誤ると、
強調した効果が無くなることもあります。

 

ここでは、見出しや強調タグの使い方について
まとめてみました。

見出し(h1~h6)タグの書き方

h1、h2タグは、
タイトルの次に重要なキーワードになります。

 

特に、h1のタグに囲まれた文章は検索エンジンに重視されますので、
上位表示させたいキーワードを入れた方がいいです。

 

しかし、h1のタグは1ページに1個だけ入れるようにします。

 

最短「ホームページテンプレート」のHTMLファイルの中に、
h1、h2というタグ(見出し)に囲まれた部分がありますので、
そのまま書き換えて使ってください。

 

ホームページ作成

 

シリウスの場合は、サイトの設定の時に、
「h1テキスト」を書く欄があり、
h2タグは記事のタイトルになっています。

 

 

見出しタグは、h1~h6の6種類使うことができますが、
順番を間違えるとSEOの効果が薄れてしまうので注意してください。

 

 

例えば、間違った例は、

 

<h1> 見出し1</h1>


<h2> 見出し2</h2>
<h4> 見出し4</h4>
<h3> 見出し3</h3>


<h2> 見出し2</h2>
<h5> 見出し5</h5>
<h2> 見出し2</h2>


 

というように、順番が逆になったり、
番号が飛んだりしてはいけません。

 

<h1> 見出し1</h1>


<h2> 見出し2</h2>
<h3> 見出し3</h3>
<h4> 見出し4</h4>


<h2> 見出し2</h2>
<h3> 見出し3</h3>
<h3> 見出し3</h3>
<h4> 見出し4</h4>


 

というように、順序よく並んでいるのが望ましいです。

 


強調(strong)タグの書き方

strongタグは、h1、h2には劣りますが、
検索エンジンに重視されるタグの一つです。

 

なるべく、文章の前半で使うのが効果的です。

 

使い方は、
<strong> キーワード</strong>のように、
<strong> </strong>のタグで囲みます。

 

strongタグで囲まれた文字は、
太字で表記されます。

 

しかし、あまり使いすぎると効果が薄れてしまうので、
1ページに数個程度にしましょう。

 

あまり、重要でないキーワードで太字にしたい場合は、
bタグ(<b> </b>)で囲むのがいいでしょう。

 

シリウスは、”B”のアイコンが強調タグになっていますが、
「設定」―「システム設定」―「文字装飾」で
「strong」タグと「b」タグを選択できるようになっています。

スポンサーリンク


page top