タイトル、紹介文の決め方

タイトル、紹介文の決め方

ホームページのテーマ、キーワードが決まったら、
サイトタイトル、紹介文を決めます。

 

タイトルや紹介文は
アクセスを集めるためにとても重要な役割になります。

 

 

読者はあなたの書いたタイトルや紹介文を見て
記事を読むのか読まないのかを瞬時に判断します。

 

そこで、読者の興味をそそらないと
なかなかクリックして読んでくれません。

 

この記事では、
アクセスを集めるためのタイトル、
紹介文の決め方についてまとめてみました。

重要なキーワードは先頭の方に

サイトタイトルの先頭のキーワードは、
検索エンジンが最も重要なキーワードと判断するので、
より上位表示しやすくなります。

 

キーワードが前の方にあるほど、
読者は目につきやすいし
自分の探している情報だ、
ということを判断しやすいからです。

 

かといって、キーワードを並べただけのタイトルは
読者が興味をひきません。

 

そのため、検索エンジンで上位表示しても
クリックされにくくなります。

 

例えば、
テニススクール 東京 というキーワードなら

 

東京のテニススクール○○

 

というタイトルと

 

東京のテニススクール○○、熟練コーチの熱血指導

 

というタイトルでは、後者の方が印象的で、
クリックされやすいと思います。

 

このように、魅力的なフレーズを入れるだけで、
読者の興味を引いて、アクセスアップにつながります。

 

疑問形にすると、読者の興味を引ける

 

タイトルや紹介文に疑問形を入れることで、
読者の興味を引いてクリックされやすくなります。

 

なぜなら、読者は疑問形に対する答えが知りたくなるからです。

 

例えば、
東京のテニススクール○○、スクール生の90%上達した秘密とは?

 

という紹介文があったらどうでしょうか?

 

上達できる秘密が知りたくなりませんか?

 

アクセスを集めるために、
タイトルや紹介文をどうするのか
よく考えることが大切です。

 


文字数は制限がある

サイトタイトルや紹介文には
文字数には制限があります。

 

サイトタイトルは31文字、
紹介文は120文字です。

 

それ以降の文字は…となります。

 

なので、あまり長いタイトルをつけても、
読者の目につくことはありません。
あまり効果的ではありません。

 

かといって、あまり短くしすぎて、
魅力がなくなってしまってもよくありません。

 

私は、サイトタイトルを作るとき、
ヤフーニュースの見出しなどを参考にしています。

 

ヤフーニュースの見出しは文字数に制限があり、
少ない文字でいかに読者に興味をもってもらえるか
という知恵が詰まっていると思います。

 

他にも、検索エンジンで実際に検索してみるのも
よい手段だと思います。

 

検索上位に表示されているのは
どんなタイトルを付けているかな?

 

自分がクリックしたくなるのは
どんなタイトルだろう?

 

そんなことを意識してみると
よいタイトルや紹介文が書けると思います。

 


まとめ

この記事では、アクセスを集めるための
タイトル、紹介文の決め方についてお伝えしました。

 

タイトルや紹介文には、文字数の制限があります。

 

しかし、その中で読者の興味を引くようなフレーズを
盛り込むことが大切です。

 

そのためには、ヤフーニュースの見出しや、
検索エンジンであなたがクリックしたくなった
タイトルなどを参考にするといいと思います。

 

興味を引くタイトル、紹介文を付けることで、
同じ検索順位でもアクセスの集まり方は違ってきます。

 

ホームページを作ってアクセス数を上げたい
という人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク


page top